アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント SCAJ2016 東京ビッグサイト 2016年9月28日-9月30日 開催!


皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また、日頃より日本スペシャルティコーヒー協会の活動に対し、絶大なご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

さて、世界のスペシャルティコーヒー産業は誕生から20年の時を経て、欧米の先進諸国を中心としたニーズに支えられ、その消費量は順調に拡大し、成功ビジネスモデルといっても過言ではないほどの隆盛を極めています。 日本でもコマーシャルコーヒーの輸入・消費が安定する中、スペシャルティコーヒー消費量は順調に伸び、市場も大きく成長し続けています。

その成長の要因として、スペシャルティコーヒーの持つ品質の多様性が、魅力ある飲料として消費者に評価され、現代のライフスタイルの一部として定着しつつあることがあげられます。順調に成長を続ける産業として、今後も消費者の支持を得るには、コーヒーの生産・製造過程における品質向上、技術革新が求められています。そして、関係者の皆様方とともにスペシャルティコーヒー産業のますますの発展のため、本協会が一丸となり業界を盛り上げていかなければならないことは言うまでもありません。

日本スペシャルティコーヒー協会はその最大のプレゼンテ―ションの場である、SCAJワールドスペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション2016を本年も開催いたします。今年は「多様性と革新」(Diversity and Innovation)をテーマとし、スペシャルティコーヒーの多様性を極め、成長産業として革新を図ってまいります。

当協会が発信する多様性のある革新的な商品や技術情報が、皆様方にとって有益であり、大変意義深いものとなることを確信いたします。

日頃より多くのご支援を賜り、心より厚く御礼を申し上げます。

お陰様でSCAJは設立13年目を迎え、今年で12回目となる展示会開催に向けて新しいスタートを切りました。昨年の展示会SCAJ2015には、生産国を含む日本国内外22の国と地域からスペシャルティコーヒー関連企業、団体など、合計100社、196ブースのご出展をいただきました。また、会期3日間の来場者数も国内外32の国と地域、合わせて25,689名と過去の実績を上回り、スペシャルティコーヒーに特化したアジア最大のイベントとして、その存在価値を国内外に示すことができました。

さて、今年のテーマは「多様性と革新(Diversity and Innovation)」、品質を基本として、お客様にスペシャルティコーヒーの持つ多様性とその魅力を伝えたい、また日々変化し進化を遂げるスペシャルティコーヒーの情報をいち速く発信したい、そんな強い思いがあります。

新しい理論と革新的な技術によって焙煎機や抽出器具は多様性を極めます。斬新的なアイディアと熟練された抽出技術によって、バリスタ達がつくりだすコーヒーも、多様化する消費者のニーズに対応しています。

スペシャルティコーヒーに関わるあらゆるものが多様性を持ち、革新的な進化を続けていることを実感していただき、魅力ある飲料として世界中の人々に驚きと感動を与え、現代のライフスタイルの一部として定着しつつあるスペシャルティコーヒーの素晴らしさを体験していただけたら、大変うれしく思います。