アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント SCAJ2016 東京ビッグサイト 2016年9月28日-9月30日 開催!

ご来場者 事前登録
※事前登録にお申込みいただいた方は、一般入場1,500円(3日共通)を1,000円にてご入場いただけます。当日は展示会入場登録証を印刷の上、ご持参ください。

競技会開催スケジュール


競技会概要一覧



ジャパン バリスタ
チャンピオンシップ 2016


ステージB
【準決勝】9月28日(水)10:00~17:00
【決勝】9月29日(木)10:00~17:00


ジャパン バリスタ チャンピオンシッフ(JBC)は、エスプレッソを通した評価か基本となり、制限時間15分の中て3種類のドリンクを4杯ずつ審査員に提供します。まずエスプレッソ、そしてミルクビバレッジ、最後にシグネチャービバレッジと呼ばれる創作ドリンクを通して、コーヒーの味覚評価だけでなく、提供するまでの作業のなかで、清潔感、創造性、技術、プレゼンテーション力を表現します。

スムーズでムダがなく衛生面まで気をつけた動きは、適切で一貫性があり、見ているだけでも感動します。また、シグネチャービバレッジのパフォーマンスは、競技者の創意工夫が詰まっており、JBCを観戦する上で一番のポイントとなります。


ジャパン ブリューワーズ カップ 2016

ステージA
【準決勝】9月29日(木)10:00~17:00
【決勝】9月30日(金)10:00~16:00


ジャパンブリューワーズカップ(JBrC)は、ペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレス、エアロプレスなど機械的動力を伴わない手動の器具を、競技者が自身で選択し抽出技術を競う競技会であるため、そこから生み出されるコーヒーの味わいも多様であり、コーヒーの魅力をどのように引き出すか、競技者の個性と創意工夫が問われます。今回行われます準決勝/決勝競技会では「オープンサービス」として競技者それぞれが焙煎豆を持ち寄り、その豆の魅力を抽出技術とプレゼンテーションによってアピールします。様々な抽出方法とそれに伴うプレゼンテーションの多彩さは大きな見所です。


ジャパン カップテイスターズ
チャンピオンシップ 2016


ステージB
9月30日(金)10:00~12:00


ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ(JCTC)は、速さ、技術、正確性においてスぺシャルティコーヒーの味の違いを判断する高いカッピング技術を競う大会です。この競技会ではコーヒーの違いを利きわけることを目的としています。

嗅覚、味覚、集中力を研ぎ澄ませて、3角形に配置された3杯のコーヒーの内、他の2杯とは異なる1杯を選んでいきます。各ステージの問題は8問。制限時間は8分です。正解数が多く、かつ同じ正解数の場合はタイムが早い方が勝者となります。シンプルなルールの中にも速さを追求するのか、時間いっぱい使って正確さで勝負するのかという選手同士の駆け引きも見どころです。


ロースト マスターズ
チームチャレンジ 2016


ステージB
9月30日(金)13:00~16:00

ローストマスターズチームチャレンジ(RMTC)は、焙煎技術の向上に繋げる大会であると同時に、焙煎人同士の情報交換や新たな繋がりを生む大会です。参加者をエリアごとにチーム編成し、今年度の課題豆ブラジルCOE17位入賞のコーヒーを使用し、その生豆の個性を引き出した焙煎豆をつくり上げていただきます。

プレゼンテーションの中で、各チームが理想とするカップに仕上げるべく構築した焙煎プロファイルを紹介していただき、COE国際審査員によるカッピング評価(審査員大賞)と、ご来場の皆様の試飲による評価(オーディエンス大賞)をおこない、それぞれ上位2チームを表彰致します。